味噌情報館

美味しいレシピ情報多数!

結婚という一大イベントに欠かせない結婚写真

結婚という人生の一大イベントを、思い出に残る写真として残したいと思うのは当然のことです。結婚式などのイベントを行わずに記念写真店に行って写真を残す人もいれば、結婚式の様子をアルバムにしたいと思う人もいるでしょう。結婚写真などを専門に扱う記念写真店に行けば、貸衣装からメイクまですべて揃っています。撮影場所や、撮影のポーズまでプロの指示通りにすることで、一層華やかな結婚写真が出来上がります。昔は結婚写真と言えば、新郎がタキシード、女性が白無垢かウェディングドレス、大抵は女性が座って二人で正面を向いているというのが定番でした。


しかし最近の結婚写真は違います。ポスターにしたりアルバムにしたり、ポストカードにして友人に配ることもできます。記念写真館はいわばこういった写真を撮るプロですから、出来栄えが華やかになるのも当然かもしれませんが、自作の結婚写真となるとなかなかそう上手い具合にはいきません。最近はカメラの性能が良くなっているので、ピンぼけや光線の加減によるミスショットなどは少なくなっていますが、周囲の景色がいまいちだったり、撮影のタイミングが早すぎて新郎新婦がそっぽを向いていたりとなかなか満足のいく出来にはならないこともあります。特に親族や友人に写真係を頼むと出来栄えが満足できなくても文句を言うわけにもいかず、辛いところでしょう。しかし人任せにするとそういうことになるのも考えてみれば当然です。満足できる記念写真を撮ることでお金をもらっているプロの写真館と違い、素人が撮影するのにプロ級の写真が出来上がるはずもありません。思い出の記念写真を残すなら、自分たちが主体になって進めることが大切なポイントです。


例えばケーキ入刀、花嫁のご両親への挨拶、お色直しなど、必ず撮影してほしいポイントは事前に伝えておきます。漠然としたお願いは撮影者が一番困りますので、このシーンでこの角度で撮ってほしい、このシーンでは多めに撮ってほしいというように、具体的に希望を伝えてあげることが親切というものです。新郎新婦は打合せや衣装合わせで何度も会場に足を運びますが、撮影する人は当日会場の内部を見るのも初めてです。ぶっつけ本番なのですから会場内をよく知っている新郎新婦が撮影者に絶好のポジションなどをアドバイスしてあげるべきでしょう。具体的な指示は何もせず、ただ任せるというのなら、どんな出来栄えでも文句を言うべきではありません。