味噌情報館

美味しいレシピ情報多数!

知らない間に撮影されていた結婚写真

チャペルの前に立っている私と旦那さんが、親戚やたくさんの友人たちから祝福の声をかけていただいている様子は、結婚写真に綺麗に収められていました。


しかしこのとき、私と旦那さんは、カメラマンの方に撮影していただいていることは知らされておらず、本当に自然な形で写っている結婚写真となりました。友人たちは、祝福の声と一緒に、花びらも散らしてくれていて、その華やかさというと、もう言葉にはならないほどです。花びらの舞う中にいる私と旦那さんは、とても幸せそうな顔をしています。実はこの結婚写真の撮影は、私と旦那さんが依頼したのではなく、私の両親と旦那さんの両親とで、内緒で依頼してくださっていたものでした。というのも、私と旦那さんは当時、まだ18歳だったために、結婚式にかけることのできるお金が限られていました。そのため、なんとか結婚式を挙げることのできるお金は集められたものの、それ以上の披露宴であったり、この結婚写真の撮影も諦めていたのです。結婚写真は、自分たちのデジカメで撮っておけばいいなんてことも言っていました。そうして向かえた結婚式当日、私と旦那さんの中では、予定通りに式だけを済ませ、結婚写真もデジカメだけで終わらせました。


しかし実際はというと、お互いの両親が依頼してくださっていたカメラマンの方によって、本格的な一眼レフのカメラで、結婚写真の撮影を行ってくださっていたのでした。私と旦那さんがこの結婚写真の存在を知ったのは、すでに写真そのものが仕上がってからのことで、唐突にこれを両親から見せられたときは、本当に驚いてしまいました。自然な表情で写っている私と旦那さんの様子は、本当に幸せそうで、自分たちのことでありながら、あの日に戻ってみたいというような、羨ましい気持ちにもなってしまいます。内緒にされていた結婚写真の撮影でしたが、内緒だったからこそ、余計に嬉しかったのかもしれません。自分たちでポーズを決めたり、現像していただく写真を選んだりということは出来なかったものの、その結婚写真の華やかさには、本当に大満足をしています。18歳という若さで結婚することを許していただくことができただけでも、とても感謝をしていましたが、これほどにも想ってくださっていたことに、両親にはもう頭を上げることはできません。この感謝の気持ちは、これからの旦那さんとの幸せな結婚生活を送っていくことで、返していこうと思います。